読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

軽率は力なり

↑座右の銘

田口くんへ

私はそもそも春がそんなに好きじゃない。冬の夜のキンッとした空気と夜空が好きなので、それが段々ゆるゆるっとぼけた感じになっていくのが気に食わないし、春物服が絶望的に似合わないし、夏が大嫌いなので「夏が来るよ~」ってお知らせしてくる春も好きじゃない。

そんな私だけど、今年ほど春が来てほしくない冬はなかった。田口くんが春をもってKAT-TUN辞めて事務所もやめるとか言うからだよ!この冬、私は梅が咲いては「咲いてんじゃねーよ!綺麗だな!」とキレ、春一番が吹いては「なに吹いてんだ!」とキレ、暖かい日には凹み、天気予報士さんが「春の陽気は一旦これで終わり、今日からまたしばらく冬に逆戻りです」と伝えてくれたら「いいぞ!その調子だ!!!」と天気予報士さんを応援するなどして、春の到来を全力で拒んでいました。

けど、そんな私の健気な努力も虚しく、春は来てしまったし、田口くんが辞める日がきてしまいました。

けど未だに全然実感がありません。4人として最後の仕事だったMステであんなに見送られて「やめるんだ」って現実を突き付けられても、10Ksの3人の広告を渋谷で散々見ても実感がありません。3人の広告を見ながら「これ事務所もグルになったドッキリなんじゃないの?田口くんが今に『ウソウソカワウソ~!』って言って、4人バージョンの広告に変わるんじゃないの?」とか思ってしまったぐらいです。ありえないよね。ありえないことなんてわかってるのに、そのありえなさと同じぐらい、田口くんがKAT-TUNからいなくなるということは私の中でありえない事態でした。

 

田口くんは結局最後まで辞める理由を教えてくれませんでしたね。不器用だなぁと思います。「腰と膝が限界で…」とか、世間を「それならしょうがないなぁ」と納得させられるような適当なウソでもついておけばよかったのに、って思います。私ならそうする。だってそうした方が叩かれないし、その後の人生生きやすくなるから。でも田口くんはそれを良しとはしなかったのですね。叩かれても生きづらくなっても、ウソをつかず黙ってる方を選んだのですね。正直、叩かれるのも無理はないよなぁと思います。私は田口くんのことよく知ってるし好きだし信じてるから、辞める理由を教えてもらえなくても叩いたりなんて全く出来ないししようとも思わないけど、そうではない人たちにとっては叩いたり、根も葉もない噂を流したり、下衆の勘繰りをしたりする余地がありすぎるよなぁと思います。理屈はわかる、ってだけでもちろん全然してほしくないけど。

でも田口くんは馬鹿じゃないので、叩かれたりするのなんて覚悟の上で「黙ってる」というやり方を選んだのでしょうね。私は田口くんのことが好きだから田口くんが叩かれたりするの本当にイヤだけど、でも、田口くんが選んだことなのだからこれはもうしょうがないなと思います。自分で選んだことなのだから、ちゃんと自分で戦って乗り越えて下さい。田口くんならきっと出来ると思います。

 

脱退発表から一ヶ月、田口くんの一万字インタビューが掲載されたMyojoの発売日。帰り道にMyojoを買って、家まで待ちきれずにそのままタリーズコーヒーに入って震えながら田口くんの一万字を開きました。私が好きになって信じていた田口くんが虚構だったらどうしようと思うと怖かった。田口くんに幻滅したくなかった。ガッカリしたくなかった。

けど、そんなのは全部杞憂でした。一万字だけじゃなくって、脱退発表のあったベストアーティストから2016年3月31日まで約4ヶ月、ずっと田口くんのことを見ていたけど、結局最後の最後まで田口くんにガッカリしたことは一つもありませんでした。田口くんは最後まで私が好きになった田口くんのままだったし、私が最高のアイドルだと信じていた田口くんだった。「最後までKAT-TUNとしてやりきる」と言っていた通り、全力のKAT-TUNの田口くんだった。

田口くんありがとう。田口くんのままでいてくれてありがとう。ベストアーティストから私は田口くんが理由でずっと絶望していたけど、その絶望の中の希望もまた田口くんでした。田口くんが田口くんであってくれることが希望でした。

 

あ~~~~あ!ジャニーズじゃなくなった田口くんはこれからいっぱいつらい目に遭ったり苦労したりするんだろうなぁ。イヤだなぁ。けどもしかしたら私が知らないだけでもう遭ってるのかな。イヤだなぁ。私がイヤだなぁ。田口くんにはつらい目になんかこれっぽっちも遭ってほしくないんだけどなぁ。

けど、これも田口くんが自分できめた道なんだもんね。「これからは一人で頑張る」って言ったんだから、一人で頑張って下さい。これからはパパラッチに空港で絡まれても上田くんが間に入ってかばってくれたりはしないんだからね。

あと歯医者さんは行きましたか?ラジオで「親知らず生えてきたから行かなきゃー。でも怖い~」って言ってましたよね。ダメだよ行かなきゃ。田口くん、脅威の小顔でアゴも小さいんだから。親知らず放っといたらその綺麗な歯並びもガタガタになっちゃうよ。もう「ダメだよ歯医者は行かなきゃ!」って中丸さんも怒ってくれないんだからね。30歳になったんだから。大人なんだから、歯医者さんはちゃんと行って下さい。

「田口が面白いこといっぱい言えるようにいっぱいフリをしてあげたい!」って言ってくれる優しい同い年のライバル亀梨くんもいなくなっちゃうね。これからは亀梨くんがフリしてくれなくても一人で面白いこと言えるようにギャグセンスも磨いてね。「ウソウソカワウソ」と「ナイナイナイスガイ」が個人的に大好きなのでこれからも使い続けてくれると嬉しいです。もちろん入口出口田口も。

 

田口くんはこれから何をするんですか?結局それすらなんにも教えてもらえなかったけど、私は田口くんのその信じられないぐらい良いスタイルの身体から繰り出される信じられないぐらいキレのいいダンスが大好きだし、本気で国の宝だと思ってるので、またどこかで田口くんが踊ってるところが見れる日がくると嬉しいなぁと勝手に思っています。

結局辞める理由も、辞めたあとに何をするのかもわからないことだらけでもやもやしっぱなしだけど、なんか、もういいです。なんにもわからないままでも私が田口くんが好きなのは変わらなかったので、なんでもいいやと思います。

「なんでこんな時に辞めるのよ!いろんな人に迷惑と心配かけて!」ってなじることも出来るしそうした方が楽なんだろうけど、私も自分がやると決めたら他人に何言われても、迷惑かけるとこになるとわかっててもやる人間なので、田口くんのことは全然責められないなぁと思います。私は自分のために行動することで今まで色んな人に迷惑かけながら生きてきたし、これからも迷惑をかけながら生きていくんだろうけど、誰かに悪意をもって行動を起こしたわけではないので、悪いことをしたとは全然思わない。だから田口くんのことも全然悪いとは思いません。悪いと思ったら自分にブーメランになって返ってくるので自分の保身のためにも思えない(笑)。迷惑をかけても好いてくれる人や許してくれる人はいるということを自分の経験から私は知っているので、それはきっと田口くんの周りの人もそうなんだと思います。田口くんが脱退発表してからも田口くんのことを「いい人なんだよ〜!」って言ったりとか、色んな方法で庇ってくれた田口くんのお仕事仲間の方をいっぱい見たので、田口くんの今後のことも実はあんまり心配してません。私が今まで見てきたように「なんとかなるっしょ!」って笑顔で言いながらなんとかするだろうと信じてます。

あ〜〜〜田口くんを好きになって良かったなぁ~。いっぱい楽しい気持ちや嬉しい気持ちにさせてもらいました。好きだったからこそ悲しい思いもしたけど、それよりも今までに貰った「楽しい」とか「嬉しい」のほうがずっと大きかったです。

 

田口くん、遅くなったけど、デビュー10周年おめでとう。KAT-TUNとして今まで頑張ってきてくれてありがとう。私はKAT-TUNが4人になってから好きになったクチだけど、昔のKAT-TUN見てると「赤西くんと田中くんすごいなぁ。4人のKAT-TUNも十分すごいしカッコいいのに、昔はこんなすごい人たちもいたんだなぁ。リアルタイムで見たかったなぁ」と思います。この先、3人体制のKAT-TUNのファンになった人が、田口くんのことを知ったときに同じように思ってくれたらな~って思います。

KAT-TUNの田口くんが好きでした。でも多分、KAT-TUNじゃなくなった田口くんのこともきっと好きだと思います。KAT-TUNじゃなくなった第二の人生もがんばってね。応援してます。生きてると大変なこともあるけど、亀梨くんも上田くんも中丸さんも頑張ってるし、私も自分の生活頑張るから田口くんも頑張ってね。くれぐれも身体に気をつけて。健康第一だよ。最近痩せすぎだから大好きなチキンカレーいっぱい食べていっぱい寝てね。今、桜も満開だね。田口くんの好きな春だよ。お花見しながらお酒も飲んでね。

それでは。またどこかで会えますように。

広告を非表示にする