読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

軽率は力なり

↑座右の銘

ラジオ「KAT-TUNのがつーん」文字起こし 「バレンタインデー、ホワイトデー」

田口くんが退所してもまだまだ続くよがつーん文字起こし!
がつーんは基本的にリスナーのことほったからしで市ヶ谷が好き勝手に自分たちのしたいどうでもいい話をしてるラジオでしたが、「違う部署の仕事の出来る評判のモテリーマン2人が食堂で一緒にお昼食べながらどうでもいい雑談をしているのを近くの席から盗み聞きしてるOL」になったみたいな気分で聞けて、そこがとても好きでした。
今回はそんながつーんのバレンタインとホワイトデートーク2年分です。


2015.2.26放送分

(バレンタインだね〜って話で)
中丸「でももう学生じゃないですからねぇ。なんか(バレンタインって)年々関係なくなってきてません?」
田口「そもそも俺チョコそんな食べねぇからぁ。(もらえるのが)チョコじゃないやつだったら僕はすごい、いいなぁと思います」
中丸「あ、ほんとですか?例えば?」
田口「んーじゃあチョコ味の蒸しパンとか」
中丸「そんなのくれる女の子いるぅ!?
田口「はははははは!www」
中丸「チョコ味の蒸しパン……」
田口「あの〜、シフォンケーキとか?w」
中丸「あぁ〜ケーキ?」
田口「ガトーショコラはねぇ、ちょっとイヤなんだよねぇ!」
中丸「でもケーキって、チョコよりも気合い入ってるってことになっちゃいますよ?もらうとしたら」
田口「いや……なんだろうなぁ、あの、生身のチョコ?」
中丸「生身のチョコ……?(←訝しげ) 生チョコのこと?」
田口「いや、ただのチョコをハイって渡されてもさ。僕チョコ”菓子”が好きです!」
中丸「あぁ〜!そういうことね!純粋なチョコレートというよりも、(ケーキとかの)中にチョコが入ってたりとかが好きと」
田口「そう、あと(チョコ味の)スナック系とかね」


転校したら転校先で女の子が列になって出迎えてくれた田口くんなんだからバレンタインもチョコなんて腐るほどもらってただろうに、そんな田口くんが言う「俺チョコそんな食べない。チョコ渡されても…」という言葉しびれるゥ〜!最高!バレンタインに伊勢丹おフランスの高級ショコラを買ってきて田口くんにあげるも「ん〜俺はやっぱりチョコはチョコバット(駄菓子の)とかああいうのが一番好きだな!(⌒∀⌒)」って言われてたい!そういう夢小説下さい!!!


そして翌年のバレンタイントーク。


2016.2.1放送分

中丸「今日のフリートークのタイトルは、『学生』!学生ねぇ〜〜」
田口「まぁ学生これからさぁ、色んな行事もあるし。イベントごともねぇ?」
中丸「学生はいつだって忙しいからね、うん。学びに恋に遊びに、と。(←アラサー感ある言い方だな。アラサーだけど) 部活で体も動かさなきゃいけないし。学生の頃はやっぱねー、充実してましたよね」
田口「まぁ今学生っていったら入試とか控えてる人も多いと思いますけども」
中丸「じゃあ今勉強頑張ってんのかな〜」
田口「ねぇ〜。寒いからね、風邪とかひかないように身体に気を付けて頑張って欲しいと思いますけども。まあ〜イベントごとっていったら2月はアレですよアレ」
田口&中丸「「バレンタイン!」」
中丸「バレンタインかぁ〜」
田口「思い出あります?」
中丸「バレンタインね、思い出あるよいっぱいあるよ。俺もういっぱいもらったもんなぁ〜
田口「おおぉ……カッコいい……(⌒o⌒)」
中丸「うんうん。いーーーっぱい貰った
田口「カッコいい……。えっ?いっちばん多い時でいくつぐらい貰った?」
中丸「いやでも小学生かな、ピークは」
田口「そうw 早いねw」
中丸「早めにきたなぁ〜w もうクラスのね、だいたいの女からチョコをもらった」(←不遜)
田口「女!?
田口&中丸「「ハハハハハハハハハ!!!!!!wwwwww」」
田口「小学生の!w」
中丸「うんw 小学生低学年w クラスの半分以上にはもらったかなぁ〜」
田口「えっ、それは何がきっかけで渡されるわけぇ?」
中丸「きっかけ?いや、フツーにもらう
田口「えっ、人気者だったの?」
中丸「いや人気者だったんだよね」(←不遜 and 不遜)
田口「ほんっとにぃ!?www」
中丸「うん、要はね。いや、その当時はわかってなかったですけどぉ、今振り返ってみるとモテてたんだな、っていう」
田口「えっ、それ一個一個(おかえしは)返してたの?」
中丸「返しましたよ」
田口「おお〜!何返した?」
中丸「えぇ〜っ?……スーパーで母親が買ったテキトーなチョコ。 ……あっ、いや、キャンディ!キャンディだ!」
田口「あっははは!w あれなんか一時期マシュマロで返すとさぁ」
中丸「あぁ、マシュマロで返すとダメだっていう、なんかね、意味があったみたいね」
田口「へぇ〜マシュマロがダメなんだぁ。俺そんなに貰ったことなかったから返すことなかったけど」
中丸「いや今はどうだろうね。地域の違いもあるだろうけど。うちの地元ではマシュマロ渡すとあんまり興味がない、みたいな」
田口「へぇ〜。いや俺いっちばん最初にもらったの多分幼稚園の時だったけど、そのお返しに俺クッキー焼いたと思うよ多分!親と一緒に」
中丸「おお、焼いたの?マメだねぇ。喜んでもらえましたか」
田口「あんま覚えてないけどね。幼稚園の頃のことだからさぁ。多分バレンタインがなんなのかっていうのもわかってなかったと思う」
中丸「まぁねぇ」
田口「懐かしいなぁ〜」
中丸「学生はだからアレだ、ここから1,2週間はドキドキするんでしょうね。当日とかもう無駄に色んなとこチェックするんじゃないですか?もしかしたら入ってっかも!っていう」
田口「今さぁ!パカッて開ける下駄箱じゃないじゃん?」
中丸「今ってどうなってんだろ下駄箱」
田口「いや俺の時からもうパカッじゃなかったよ」
中丸「いや僕もフタついてなかったっすね」
田口「あぁフタついてないよねぇ!だからあのパカッて開けたらドサドサドサっていうあのよくドラマにあるシーンやってみたかったけど、やる機会なかったなぁ」
中丸「……俺よくよく考えてみて思うんだけど、食べ物を下駄箱に入れるってどうなん?」(←バレンタイン強者が身も蓋もないこと言い出した)
田口「……あははははは!!!www」
中丸「いや当時からなんとなく思ってたけど」
田口「た、確かにィ〜……」
中丸「なんとなく引っかかりません?食べ物を靴を入れるところに入れるってちょっと引っかからない?」
田口「あ〜、俺考えたことなかった。それはやっぱり〜、よろしくない?」
中丸「いや、うんまぁ気持ちの問題かもしれないけど、なんかヤじゃない?チョコじゃなくともなんかヤじゃない?食べ物だよ?」



からの一ヶ月後のホワイトデートーク。

2016.3.14放送分

田口「さぁ今日は3月14日!ホワイトデーですねぇ〜」
中丸「ホワイトデーかぁ〜」
田口「お返しとかしことあります?今まで」
中丸「いやいやするでしょ
田口「えっ?(⌒Д⌒) あっ、するかんじ?」
中丸「毎年必ずしますよ。しないんすか」
田口「いやっ!大人になってぇ、なんていうかその」
中丸「うーーーわ!返さないタイプの人間だ!」
田口「いやちょっと待って待って待って!完全な義理チョコっていうかさぁ!スタッフさんとか」
中丸「いや返すよ。返さないの?」
田口「スタッフさんとかにも返してんの?」
中丸「うん、返すよ」
田口「ぜーーーったいウソだ!w
中丸「いやいやいやいや返してるから」
田口「ほんとにぃ!?」
中丸「うん。だから忘れないように毎年メモしてるし
田口「もらった人を?」
中丸「うん」
田口「何返してんの?」
中丸「2倍3倍返しですよ、だから。お金かぁーかるかかる!」(←一言多いとこが最高)
田口「知らなかったぁ!えっ、めっちゃいいね!(⌒∀⌒)」(←かわいい)
中丸「いや、やれや」(←容赦ない)
田口「えっ…いやごめん、今までもらう側の人間だった……」(←正しい!圧倒的に正しい!田口くんはそれでいいんだよぉ〜♡)
中丸「いやホラお前そーいうとこ良くないと思うお前!」
田口「あっはっはっはっはぁ!www」
中丸「貰うのが当たり前みたいなぁ!」
田口「あーー…まぁねぇ。けど俺わかんない!そもそもバレンタインにそんな思い入れがなかったからぁ。義理だったのにそんなお返しもらっても…みたいな感じかなーって」(←逆に気を遣わせるかもって、じゅんの王子ともあろうものがなんて謙虚な…)
中丸「あぁーなるほどね。いやでも返した方がいいよそれぇ」
田口「うん…そうですか。じゃあちょっと、返しそびれましたねぇ……」
中丸「いやまだ間に合うから」
田口「うん……」
中丸「いやでもさ、俺いっつも思うんだけど、巷では男性は2倍返し3倍返しとかさ。あれどんぐらいなん?適正価格」
田口「うーん、わかんない」
中丸「2倍と3倍ってだいぶ値段違うよ?」
田口「義理チョコに対しても返すのが3倍とかになってくるとさぁ」
中丸「だからそこもまた話がさぁ、アレだよね。いくらぐらいがいいんだろうね普通ってね」
田口「いやでも何をあげてんのそれ」
中丸「毎年違いますよ」
田口「えっ?食べ物?」
中丸「いや食べ物じゃないな」
田口「ハンカチとか?」
中丸「うーん、ハンドクリームとか。」
田口「あぁ〜!めっちゃ女子わかってんね!」
中丸「あとなんだ、あと香りの出る、ほら」
中丸「 ディフューザーディフューザー!『ディフューザー』とか言ったことないわw」
田口「あははははははは!!www いやでもそれ嬉しいんじゃん?そのぉ、生活周りのもの?女の子だったら」
中丸「うん、まぁ消え物だしねぇ、ハンドクリームだのなんだのってのは」
田口「そうそうそうそう!ハンドクリームとかディフューザーとかねぇ!すごいねぇ〜意外な一面でしたよ!今まで知らなかったそんなことやってたなんて!」
中丸「いやいやいや。みんなやってないの?」
田口「え、やってないよ」
中丸「やってるでしょ。多くの人はやってんじゃないの?」
田口「へぇ〜〜〜(⌒Д⌒)」
中丸「絶対そうだって。だってさぁ、逆の立場になったらさぁ、(返ってこなかったら)なんか悲しくない?」
田口「いや、まぁそうねぇ」
中丸「まぁ軽い気持ちであげたとしてもさぁ。絶対さぁ、返ってくるかなーみたいなのあるんじゃないの?」
田口「あぁ〜……いや、俺は返ってこない前提でくれてるんだと思ってたわ。勝手に」
中丸「なるほどね。そっからまた誤解が生まれちゃうんですよぉ」
田口「そぉかぁ…。でもスタッフさんとかさ、ほんと軽〜い感じでくれるからさ」
中丸「だから軽い気持ちで返せばいいんですよ」
田口「うん。じゃあスタッフさん周りしてきますよこれから」
中丸「いいね。それいいと思うよ」
田口「はい」


最高じゃない?ねぇ?バレンタインの話もホワイトデーの話も最高じゃない?
小学校低学年の時にクラスのだいたいの女からチョコをもらって母親がスーパーで買ってきたテキトーなキャンディを返してた雄一少年が大人になって、義理チョコへのお返しとして貰う側が負担にならず的確に嬉しいハンドクリームやディフューザーを律儀にお返しするセンスのいい大人の男に成長してる話最高じゃない?義理チョコへのお返しにハンドクリームって大正解すぎてイケすぎてて健康を害する勢いなのでいっそそのハンドクリームがミッフィーちゃんデザインのユースキンのハンドクリームとかであって欲しい!けど2倍3倍返しでいい香りのものって話から察するにロクシタンとかそのへんの可能性が高い!つらい!健康に悪い!
あと「人気者だったんだよ」「モテてた」ってサラッと自分で認める中丸さんめっちゃ不遜だけど、まぁ実際そうなんでしょうなという感じしかしないので、自己認識が正しく出来てるということだからこれは良い不遜ですね。最高。「自分の身の丈を知れ」って戒めの言葉があるけど、人より身の丈が長い人はちゃんと自分の身の丈が長さを自覚してて欲しいやん?長いもんは長いんだから自分で「長い」って言うのはしょうがないし正しい。

けど「気軽な気持ちであげたのにお返しもらっちゃった。なんか悪いな」って女の人が思うことを考慮してあえて返さない田口くんもそれはそれで大正解〜!田口くんは返さないのが正解!私は田口くんには義理チョコあげてホワイトデースルーされたいもん!!!逆に!

いや〜市ヶ谷はいいなぁ〜〜!ぜんぜん違ってどっちもいい!!!モテる男たちのバレンタイン今昔話を聞かせていただけるジャニーズという世界に感謝!!!!